文字サイズ
黒住教学院
黒住教学院
講義内容について
  HOMEお問い合わせ関連リンクプライバシーポリシーサイトマップ
学院のご紹介講義内容について受講のご案内通信講座のご案内アクセスのご案内
講義内容について
HOME > 講義内容について
黒住教学院の講義について

日本の精神(こころ)は、連綿(れんめん)と連なる神道の中に伝えられてきました。
その源流たる本教の素晴らしい御教えが、教主様を始め、学院長、講師の諸先生によって講義されます。

学校教育では学ぶことのできない人生哲学、本物の人間学が説かれ、素晴らしい家庭人となる徳が身につきます。
花嫁修行にも最適といえます。

教祖宗忠神の御教えを体得し、黒住教の教師となる道が開かれています。
黒住教の教師は、教主様の手となり足となり、世の中のためにお役に立つ聖職です。
今、教団では3,000名の教師が、平和な世界建設に祈り、尽くしています。

祈り、感謝、礼節、奉仕、そして緑豊かな霊地神道山での修行は、必ずや明るい人生を開く基となり、教祖宗忠神とのご縁をいただき、豊かな道を歩むことになるでしょう。

黒住教学院の講義内容
御日拝参拝

御日拝
【 御日拝 】
神道山のお日の出
【 神道山のお日の出 】

神道山は、お日の出の郷(さと)といわれております。
東天に登るお日様を拝したとき、言葉には表し得ない感動が全身を包みます。
悠久の命(いのち)が、自分の体内にあるのだと実感できるのです。

"今、私のためにお日様がお出まし下さった"

この喜びこそが、生かされて生きている自分を発見する、最高の道なのです。
毎朝の、この御日拝により、神の子として目覚めるのです。

御日拝は、教主様のご先達により、お日の出の時刻にあわせて行われています。
お日の出を待つ間、御陽気修行(太陽を呑みこむように、下腹で息を吸い込みます)によって、心身ともにエネルギーに満たされてきます。いのちの充電のときです。

吉備楽のけいこ

吉備楽講義
【 吉備楽講義 】

雅楽から生まれた「吉備楽」が、本教の祭典楽として伝承されています。
黒住教の教楽「吉備楽」は必修の科目となっています。

祭式作法の実習

祭式作法の実習
【 祭式作法の実習 】

礼とは、まことの心、敬いの心、慎みの心のことです。
神様を拝む作法を学ぶことによって、そのまま身を正し、心を正し徳を養うことができます。

お祓い修行

お祓い修行
【 大教殿前殿にて 】
お祓い修行
【 大元・教祖記念館にて 】

祈りに徹するひととき。
大御神様に抱かれ、大御神様に全身をなげうつように、下腹から声をだして大祓詞(おおはらえのことば)を唱えます。
大御神様を信じる修行、我を離れる修行ともいえます。

奉仕

みがき清め奉仕
【 みがき清め奉仕 】
清掃奉仕
【 清掃奉仕 】

奉仕は、自分の心を磨く修行といってよいでしょう。
額に汗した者のみが知る喜びこそ、人生の宝物なのです。

その他

奥津城参拝
【 神道山・奥津城参拝 】
大元 宗忠神社参拝
【 大元 宗忠神社参拝 】

茶道
【 茶道 】

 

祈り、感謝、礼節、奉仕、そして緑豊かな霊地神道山での修行は、必ずや明るい人生を開く基となり、教祖宗忠神とのご縁をいただき、豊かな道を歩むことになるでしょう。

黒住教学院 岡山県岡山市北区尾上神道山 TEL:086-284-2125 FAX:086-284-0222

黒住教学院

〒701-1212 岡山市北区尾上神道山
TEL.086-284-2125
FAX.086-284-0222